東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

Pokémon GOバレンタインイベントでラッキーのアメを795個集めた

2月15日までにアメが2倍になったり、ラッキーが出現しやすくなっています。これに乗じてラッキーを中心に捕獲してました。このイベントが開始される前まで、ラッキーは1体しか捕獲できていなかったので、出現率の高さに嬉しくなりまして。

土曜日に集中的にラッキーを追い求め、日曜日の段階で795個のアメを獲得していました。捕獲中心の場所は土地勘のある有楽町・東京駅近辺です。黒ボールであるハイパーボールはイベント開始時に350個ぐらいあったのですが、ラッキーに費やしたこともあって、今は10個ぐらいにまで減ってしまいました。有楽町・東京周辺はポケストップが多いので、補給もスムーズなのですが、こういう時に限ってキズぐすりが多く出るんですよね。

孵化装置はちょっとがんばって常時3つぐらい動かすようにして、距離を稼いでいました。

この記事を書いているのが2月12日の日曜日で、このイベントは2月15日までです。あと3日ぐらい残ってますので、もうちょっとポケモンGOの世界を楽しみたいと思います。

『Pokémon GO』でバレンタインデーをお祝いしよう!|『Pokémon GO』公式サイト

ポケモンを捕まえたり、タマゴをかえしたり、ポケモンを博士に送ったりしたときに手に入るポケモンのアメの数が2倍になり、相棒にしているポケモンたちも普段の2倍の速さでアメを見つけてきてくれます。

ピクシーやラッキーなど、バレンタイン気分を盛り上げてくれるピンクの可愛らしいポケモンがたくさん現れます。また、タマゴからはピィ、ププリンムチュールなどのポケモンが多くかえるようになります。

期間中はルアーモジュールの効果時間が6時間に延長されるので、街中をピンクに染めてお祝いしましょう!

バレンタインデーのお祝いは、2017年2月9日(木)から、2017年2月15日(水)まで続きます。ぜひ、バレンタインデーの甘いひとときをお楽しみください。

VPSを借りたどー! 月額360円!

slackでbot作ったりして遊んでたりしたら、サーバをレンタルしたいという熱が出てきました。 安いところないかなと調べると、今は安いところがあるんですね。 契約して使ってみたので、記録的に。

契約したサービス

以下のNTTPCコミュニケーションズが提供している、VPSクラウドというものです。

VPSクラウド|VPS(仮想専用サーバー)はWebARENA

料金プランはピンキリで、一番安い月額360円のプランです。

スペックはCPU 仮想1コア、SSD 20GB、メモリ 512MBと低いです。それでも、360円はお昼ご飯1回我慢すれば、余裕で支払える額なので、思い切って契約してみました。

契約に必要なもの

クレジットカードぐらいかな。 名前、住所、電話番号、メールアドレスを登録して、クレジットカードで決済という流れ。

契約手続きは全てwebでできますし、悩むポイントは無いと思います。

契約完了から使えるようになるまで

契約すると、すぐにメールが届いて、初期パスワード変更。 そして、ログインできるようになります。

ログインして、インスタンスあげるまで

以下のオンラインマニュアルを参考、順番通りにやっていけば、迷うことは無いと思います。

オンラインマニュアル | VPS(仮想専用サーバー)/クラウドなら安心と信頼のWebARENA(ウェブアリーナ) | VPS/クラウドサポート

「キーペアの作成」→「セキュリティグループの設定」→「インスタンス起動」→「sshでログイン」といった流れです。

上の作業をやるのも15分ぐらいかな。インスタンスもすぐに起動しますし、お手軽です。

セキュリティグループは通信許可設定するIPアドレスやポート番号の設定です。 とりあえず、FROMのIPは自分のパソコンのアドレスにして、宛先ポートは22sshと80httpだけ許可しました。 ここは状況をみて、変更していこうと思います。

ログイン後にしたこと

マニュアルにもあったように、apacheを起動しました。

f:id:padobure:20170202214004j:plain:w300

wordpressからはてなブログに引っ越した

ホットエントリを眺めていると、はてなブログからwordpressに引っ越す人が多いようにみえます。 自分はwordpressからはてなブログに引っ越してきたので、使用してきたブログサービスを振り返ってみました。

wordpressからはてなブログに引っ越したのは、wordpressの運用に疲れたのが大きな理由です。

具体的には、プラグインを入れたり、バージョンアップなどの運用が多くて、疲れるんです。wordpressは自由度が高いです。やりたいことがあれば、プラグインを導入すれば、たいていのことはできます。デザインも豊富なので、探せば好みに近いデザインを見つけることはできるでしょうし、自分で全てをデザインすることも可能です。

だけど、それが重荷になってくるんです。プラグインを調べて、探して、導入して。複数のプラグインがそれぞれでバージョンアップされたりするので、追随するようにバージョンアップに付き合って。というのが、面倒に感じたのです。デザインも同様です。子テーマ作ったりして、最初は楽しいのですが、デザインのメンテナンスをするのが手間に感じてしまって。

なので、wordpressをやめてはてなブログに引っ越しました。はてなにしたのは、なんとなく書きやすそうだったので。

スマートホンのアプリも使いやすいので、スマートホンから更新できるのも良いと思います。

実際、はてなブログに変えてから、更新頻度は上がったんじゃないかな。

ポケモンGO レベル34からの攻略法と最近のプレイ事情

ここ最近のポケモンGO。

ゲーム熱は冷めてきてます。ラプラスイベントとか、ハロウィーンイベントとかのイベントがなくて、あまりやることもなくて、徐々に冷めてきたという感じです。

ゲームが熱が冷めてきているものの、レベルは34です。道具は600持てるように、ポケモンは300まで持てるように強化しました。

このレベル34からの攻略法はジムバトルに尽きるかと思います。ポケモンを強くするのは、興味が無くなってきますので。

ルーティンは以下です。

  • 歩きながら、ポケストップを回す。ポケストップでジムバトルのための薬をゲットする。
  • ジムで1日1箇所置くことを目指し、ほしのすなとポケコインを少しずつ手に入れている

ジムはある程度できあがった自分の色のタワーを強化して、ポケモンを配置することをやっています。というのも、敵色チームのジムを更地にすると、名声が低いことからすぐにのっとられることが多く、効率が悪いと感じるためです。

5つ以上配置されているジムだと敵チームから更地にされる可能性も低くなるため、5以上配置されているジムを探してジムを強化するようにしています。

ジムのポケモンを置くには名声を上げる必要があります。その名声を効率的に上げるために、CPが低いポケモンを使います。例えば、CP2000ぐらいのポケモンがすでに配置されていたら、CP1900ぐらいのポケモンを用意して、3体ぐらい倒したら降参するということをやってます。

この記事を書いている時点では、以下のように16体を設置しています。

また、ボールを投げてポケモンを捕まえるというのは、あまりしなくなりました。強化したいポケモンが出たとき、たとえばカイリューを強化したいので、ミニリュウが出現したら捕まえるというのをやっているぐらいです。

ちなみに、ミニリュウは目黒川周辺で捕まえています。健康面も考慮して、大崎駅と目黒駅間の目黒川沿いを歩いてます。今の時期はとても寒いですけど、山手線で2駅分を歩くことになって、健康には良いです。歩き終わると、体はポカポカです。

ポケモンはそろそろやめる潮時だとは思うのですが、なかなか辞められないです。涙。

2016年のよく聴いた曲達

2016年は音楽の聴き方が以下のように変化した1年でした。 その中で、よく聴いた曲達を以下にピックアップ。

自分の傾向

フリースタイルバトルで日本語ラップに傾倒していて、日本語ラップの音源を好んで聴いた2016年でした。 また、映画もよく観たので、鑑賞した映画から派生してそれに関する音楽を聴いてました。

ハウス畑で育った私ですが、ハウスはほとんど購入していないです。ハウスを聴くのはsoundcloudやmixcloudのようなサービスでdjがミックスしたのを聴く事が多かったです。

忘却 feat.KOHH – 宇多田ヒカル

宇多田ヒカルのアルバム「fantome」に収録されている曲です。fantomeというアルバムはどの曲も良い曲で、アルバム全体を通してよく聴きます。そのなかでも、癖になってヘビーローテしたのがこの「忘却 feat.KOHH」です。

途中のKOHHの歌詞に「口閉じてるけど 開ける目を 強い酒と吐いたゲロ」という歌詞があって、その部分がとても気持ちよく感じるのです。初めて聴いたときには、「宇多田ヒカルのアルバムで、ゲロなんていう歌詞はありなんだ」と驚きまして、それが癖になってリピート視聴しているというわけです。


宇多田ヒカル「忘却 featuring KOHH」MUSIC VIDEO

ビートモクソモネェカラキキナ - DJ RYO

般若→漢→R指定とマイクリレーする曲。 フリースタイルダンジョンでいうと、モンスター達の競演です。

好きなのは漢のバースです。「もくもくとスモーキン」のあたりにグッときます。

バックトラックもかっこいいです。AK-69とZEEBRAが競演したのもあって、そちらもおすすめ。

www.youtube.com

夢灯篭 - RADWINMPS

2016年9月に映画館で鑑賞した「君の名は」。そのオープニングで流れた曲です。世間的には「前前前世」だと思います。が、私と子供の一致した意見は、この曲で一気に映画の世界に引き込まれたので、この曲はもっと評価されてもいいのではないかというものです。

イントロにインパクトがあって、子供もこの曲を聴きたいとよくせがんでました。

Youtubeを探したのですが、RASWINMPS本人が歌っている映像は無いんですね。

多分、風。 - サカナクション

子供が好きで、車のなかでよく聴いてました。 曲の疾走感とメロディのとっつきやすさが子供にも受けるんだと思います。

www.youtube.com

Shock - KEN THE 390

KEN THE 390のベストアルバムに収録されている1曲。 KEN THE 390→SKY HIGHKREVA→Mummy Dのリレー。贅沢です。

Mummy Dの「しょーーー!いきなり怒鳴る いきなり 黙る」のところが好き。贅沢なマイクリレーです。

リライト(2016) - ASIAN KANG-FU GENERATION

ソルファが2016年に再録でリリースされて、聴きまくりました。いまでも十分通じる楽曲です。ヒットしたリライトは格別で、子供も一緒に「消してーーー」と歌えるぐらいです。

www.youtube.com

恋 - 星野源

星野源というより、スーパースケベタイムというイメージが強いほどのタマフルリスナーなわけですが、そういうマイナスな面をさしひいてもかっこいい曲です。

意図的にこういう曲を作ってるんですよね。悔しいのですが、かっこいい曲だと思います。

www.youtube.com

ミチバタ - COMA-CHI

2016年に活動10周年となったCOMA-CHIのヒット曲。この曲は2006年リリースとのことなので、10年前の曲です。10年前の曲ですが、2016年によく聴きました。

バックトラックが哀愁感あって、ラップも聞き取りやすくて、10年前という古さは感じさせないと思います。

COMA-CHI MICHIBATA ミチバタ - YouTube

NKT34 – RADIO FISH

子供がRADIO FISHが好きでよく聴かされてました。 RADIO FISHのなかで、ひときわ音楽的だなと思うのがこの曲です。藤森の息継ぎの無いラップもテクニカルだと思いますし、起承転結でタイトルに入っている「34」という数字の意味を最期に綺麗に落としてくれています。バックトラックも単なるEDMというより、テクノっぽい雰囲気を感じて優れている楽曲だと思います。


NKT34【ライブ】RADIO FISH/Full ver.

We Are - ONE OK ROCK

正確には2017年の曲なのですが、かっこいいので。 NHKで放送していた18歳フェスを観て、グッときました。こういうグループはどちらかというと、苦手というか、敬遠しがちなのですが、たまたま18歳フェスを観て、熱い語りとかにぐっときて、一気にファンになってしまいました。

歌はうまいし、楽曲も良いし、若い人達に人気があるのが理解できます。

ほぼ英語で、一部だけ日本語という歌詞構成なのですが、その一部の日本語がおじさんの自分にはつらいというのはあるのですが、それでもかっこいいです。

ONE OK ROCK 『We are ~18Fes ver.~』 - YouTube

ハウスミュージック・ベストアワード・2016に行ってきた。

nagiさんの以下の記事を読んで、時間作って行ってきました。

(記事が消えてしまったので、思い出しながらもう一度投稿)

1月18日(水) dues新宿: ハウスミュージック・ベストアワード・2016 | COMMON

NORIさんとnagiさんがトークしながら、2016のお気に入り楽曲をプレイしながらトークするという内容でした。 入場にワンドリンク500円。缶ビール注文でINです。

ベストアワードということで、どれも良い曲ばかりでした。 NORIさんは、7inchと12inchのセレクションでした。ハウスだけではなく、レゲエっぽいのからsalsoulっぽいのまで幅広かったです。家でゆっくり聴きたい!Spotifyでプレイリスト作って欲しいなと切に思いました。

nagiさんはハウスメインで紹介されてました。アフロハウスの流れから、テックなテイストを取り込んでいるようなのを紹介されていました。

EDMの流行が下火になってきたとか、1曲で展開のあるものが流行している、アフロハウスにテックな要素の入った曲に注目しているとか、現場ではソウルフルに歌い上げる歌モノはあまりウケが良くないといったことなど、色々な話を聞けて面白かったです。

個人的にもタイトルを知りたかった曲が紹介されて、「このタイトルだったのか~」と、頭の中にあったモヤモヤが解消できて嬉しかったです。ちなみに、その曲はDo It/D.Y.Aです。Soundcloudで公開されているmixでひときわ目立って良かったんです。

写真撮影OKで、SNS等で拡散してよいということだったので、以下に載せておきます。

これはイベント開始前の風景。

f:id:padobure:20170120160258j:plain:w400

イベント会場となったdues新宿の入り口。

f:id:padobure:20170120160107j:plain:w300

このイベントは学生時代を思い出しました。友達の家に行って、自分の好きな音楽を聴きながら、あーでもない・こーでもない言い合うみたいな雰囲気に似ていて、良かったです。大学時代は友人宅にレコード持ち込んで、お勧めとか、こっちのremixよりあっちのremixが良いとか、このレコードは2枚買いでしょとか、好きなこと言い合ってました。終電無くなって、そのままタクシーでクラブ行ったりという時間の使い方をしてました。

社会人1年目、2年目ぐらいまでは、深夜2時まで仕事して、終わったら同期と一緒にクラブへ行くというのも思い出したりして。YellowでSatoshi Tomiieがプレイしていて、come to meで泣きそうになったのを思い出したり。

ここ何年かはクラブでの夜遊びからは遠ざかっているので、こういう平日夜に催してくれると参加しやすいです。

自分の2016年ベストを振り返ってみようかな。

ubuntuでradikoを予約録音する ~cronの設定~

録音予約したいラジオ番組

以下の番組の録音予約することを目指します。どの番組もラジオ局はTBSです。

cronの設定

時刻起動するためにcronを設定します。cronの設定は以下のコマンドです。

$ crontab -e

以下を記述しました。

59 21 * * 1-5 /home/ubuntu/rec_radiko.sh TBS 120 /mnt/vol2-2/googledrive/0_player/ session22
59 23 * * 1 /home/ubuntu/rec_radiko.sh TBS 60 /mnt/vol2-2/googledrive/0_player/ tokyopod
59 21 * * 6 /home/ubuntu/rec_radiko.sh TBS 120 /mnt/vol2-2/googledrive/0_player/ tamaful
59 12 * * 7 /home/ubuntu/rec_radiko.sh TBS 240 /mnt/vol2-2/googledrive/0_player/ sunday

cronの停止・開始

設定した内容が反映されているか不安なので、cronの停止&開始します。

停止

$ sudo /etc/init.d/cron stop

開始

$ sudo /etc/init.d/cron start

参考にした記事

Saba note