読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

ハウスダンスチーム 「しきっしゅ」の紹介

今週末に迫ったダンスイベントですが、ここで僕らのチームの簡単な紹介を。
・チーム名:しきっしゅ
・メンバ構成:男2、女1
ダンスジャンル:ハウス

と、まあこんな感じなんですが。
集まったメンバーは地元メンバ。お互い近接した市に住んでる連中です。
なんとなく、やってみない?っていう軽いノリで始まりました。
最初は、ほんとにやるの?って半信半疑でした。それほど軽いノリでこの企画はスタートしました。

みんなダンスの経歴はヒップホップとかそれなりにあって、ハウスが好きっていうのが全員の共通事項。

練習の模様はこのblogでも書いてたけど、だいたい週1回程度で二時間ぐらい。
みんな社会人でなかなか時間がとれないので、週末に集まります。
練習場所は市の施設を借りて。ストリートでっていうのはめったにやらないです。(寒いから。)ストリートでやったのは最初の練習ぐらい。

で、制度的にはプロデューサー制を導入しています。
(結果的にプロデューサー制になったみたいなところもあるんだけど。)
これは、もう決定権を持つ人が構成とか振りを考えてショーを構成するという、勝手に自分が名づけた制度です。
最終的に判断するのはその人で、その人を中心に練習とかを進めていきます。
なので、この振りはああでもないこうでもないとかっていう議論はほとんどないです。
もちろん、良いものにするために意見とは出し合います。実際に作ったルーティーンがつながらなくて意見を出し合ってルーティーンを変更したこともあるし、ソロの入り方を楽にするために、議論しながら構成を変更したこともあります。けど、だいたいはプロデューサが決めていくっていうのがメインです。(ちなみに、プロデューサはチームを組もうって言った張本人)

この制度の利点はとっても効率が良いこと。時間の少ない自分達には議論している時間がもったいなかったりするので。
欠点は、、、。なんだろう?けっこう淡々と練習するので、チームとしての一体感が希薄になることかな。

ショーの出来上がり具合は、例えるならALMA風かな。(←自画自賛しすぎだっつーの)
3人とも個性が違うので、その個性が良い感じで出てると思います。

今週末のイベントに、こうご期待!
イベントの模様はまたこのblogにエントリする予定です。