東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

DVD「渇き」を観たぜ!

DVDで「渇き。」を観ました。

あらすじ

品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親藤島昭和(役所広司)。自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく。交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島。やがて、ある手掛かりをつかむが、それと同時に思わぬ事件に直面することになる。

こういう映画が好きです。

なんといっても、主演女優である小松菜奈がすばらしい。女優として演技がすごいとかではないのですが、この役にぴったりハマっているし、この時間の彼女を切り取っているというのが素晴らしいです。

小松菜奈じゃないと、この映画は成り立たなかったんじゃないかと思うぐらいです。例えて言うなら、「時をかける少女」は原田知世じゃないと成立しなかったぐらいの。

映像はグロテクスクだし、時系列が飛んでいて追いかけるのがつらいし、伏線等も回収されていような気はします。

ですが、映像でしかみせることができないものを、しっかり表現してくれるのが好きです。

万人にオススメできる映画ではないですが、スピード感をもった映画が好きならオススメできると思います。

 予告は以下。

 

渇き。

渇き。