読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

「ちはやふる」上の句、下の句を観たぜ!

TSUTAYAでレンタルして鑑賞しました。

宇多丸師匠も褒めていたこともあって、劇場で鑑賞したいと思っていたのですが、腰が重かったです。 なので、DVDのレンタル開始を待ってたというわけです。

感情移入できて、個人的な好みは上の句です。 下の句も面白かったのですが、不要だと思うシーンが多いと感じて、感情移入できなかったです。

上の句、下の句を一通り鑑賞しての感想は以下です。

良かったところ

広瀬すずが可愛い

これにつきると思います。この映画の魅力はなんといっても、主役を演じている広瀬すず。文句なく可愛いです。

机君が良い(上の句)

数合わせなんだろ!と言われながら、しっかり自分の立ち位置を認識して、真剣にかるたをとるのがよかったです。

太一の素振り(上の句)

勝ちたくて素振りするところ、どうしても勝ちたいというのが伝わってきて良かったです。

残念なところ

不要なシーンが多い(下の句)

宇多丸師匠も言ってましたけど、下の句中盤のマル秘ノートをもらって、どしゃぶりの雨を走るシーン。大切なノートなのに濡れちゃうでしょ。 また、下の句冒頭の太一がちはやの手を握ろうとするシーン。このシーンって必要?このシーンがあったので、恋愛方向に話をもっていくと思っちゃったので。

ラストシーン(下の句)

ハッピーエンドなんだろうけど、できすぎ。あのラストシーン至る過程が大事だと思うので、あのシーンでカタルシスは得られずに都合がいいなーと、冷めてしまった。