東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

どうなる?期待半分、興味半分

音楽やダンスとは関係のない話題。

“セカチュー”山田&綾瀬コンビが「白夜行」で再タッグ!

俳優、山田孝之(22)と女優、綾瀬はるか(20)が、来年1月スタートのTBS系ドラマ「白夜行」(木曜後9・0)で共演することが3日、分かった。東野圭吾氏の大ヒット同名ミステリーが原作。昨年、同局で放送された「世界の中心で、愛をさけぶ」で涙を誘った“純愛コンビ”が、今度は忌まわしい過去を背負った主人公とヒロインに扮し、究極のラブストーリーを展開する。


今日のびっくりしたニュースがこれ。
俺が東野圭吾の作品で、一番の傑作だと思う作品が「白夜行」。
(参照:2005/03/17白夜行 / 東野圭吾)

この本にはほんとにハマった。
壮大な時間軸の中に、計算されつくされた物語構成。
文庫本で800ページぐらいある分厚い本なんだけど、寝る時間を惜しんで必死で読んだ。
この本のすごいのは、主人公2人の心情がまったく描かれないところ。
事実や周囲の人の心情のみで物語は進んでいくんだけど、それが無性に怖くて気持ちいい。

そんな「白夜行」がドラマになるそうだ。
この本はあまりにも壮大すぎるので、ドラマ化や映画化なんて絶対に無理なんだと思ってた。
しかし、このドラマ化のニュース。とても驚いた。
サンスポのニュースを読むと、作者である東野圭吾の了解をとるのに半年かかったようだ。
主演の2人はセカチューの山田孝之綾瀬はるかコンビが演じるということだけど、演出は堤幸彦がやるのかな?

ドラマ化には、原作の雰囲気を壊されるのではないかという不安が半分と、映像化された「白夜行」を観てみたいという希望というか興味のようなものが半分だ。


ちなみに、俺様的東野圭吾ベスト3は以下。


1位:白夜行
2位:秘密
3位:変身