東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

今年の本 ベスト5

振り返ると、2005年は読む本の傾向が変化していった年だった。
今まではビジネス書的な仕事に関係のあるような本をメインでチョイスしていたけど、小説のようなストーリーがあるものを好んで読むようになった。

今年、心に残った本のベスト5を挙げてみる。
まだ手元に読みかけの本はあるけど、現時点での2005年ベスト5ということで。

今年読んだ本という観点で選んでいるので、発売されたのは2005年以前だったりします。

1.サウス・バウンド奥田英朗
サウスバウンド
文句なしで2005年のベスト。
初めて読んだ奥田英朗の作品であり、ほんとにドキドキワクワク、涙を流しそうになって読んだ本。
この本で奥田英朗の世界にハマり、以降彼の作品を読み漁ることになる。
著者の他の作品「真夜中のマーチ」「空中ブランコ」「インザプール」「東京物語」「ウランバーナの森」「最悪」「邪魔」も楽しめた。

2.陽気なギャングが地球を回す伊坂幸太郎
9b10c4a4.jpg
発想とか、着眼点とか、ストーリーの中での会話の面白さは群を抜いていた。
映像が目に浮かぶほどの出来。伏線の貼り方、まとめ方、いいっすよ。
彼の他の著書、「魔王」グラスホッパー」「ラッシュライフ」「i love you」「チルドレン」「重力ピエロ」「アヒルと鴨のコインロッカー」も今年読んだ。
この人の本はどれも面白くて、多少の面白さでは納得いかなくなっている自分がいる。

3.さまよう刃/東野圭吾
さまよう刃.jpg
娘を強姦の末に殺された父の復讐劇。
表現はグロテスクな部分もあるけど、考えさせられる作品。
他には「殺人の門」「ある閉ざされた雪の山荘で」「手紙」「片想い」など。
相変わらずのレベルの高さ。ミステリを書かせたら天下一品。
今年の新刊「容疑者Xの献身」が未読なのが心残り。

4.会社はだれのものか岩井克人
会社は誰のものか.jpg
ホリエモンの球団買収騒動に端を発した会社は誰のものか、今年の日本放送の株取得でさらに考えさせられた。
会社という組織に属している人は必読なんじゃないかな。
旅行へ行く時の飛行機の中で読んだので、なぜかこの本は機内食のイメージがある。

5.28年目のハーフタイム/金子 達仁
28年目のハーフタイム
再読の作品。今読んでも面白い。
アトランタオリンピックの話で、川口と中田(英)の話に深くえぐりこんでいるのがいい。


その他で読んだ印象に残っている作品。
渋谷ではたらく社長の告白/藤田晋
クライマーズ・ハイ横山秀夫
坊ちゃん/夏目漱石
こころ/夏目漱石
青の炎/貴志 祐介
野ブタ。をプロデュース/白岩 玄


ベストだけでなく、これはイマイチだったなと思った作品も。
パーク・ライフ/吉田 修一
東京湾景/吉田 修一

あくまでも個人的な感想なので、好きな人は好きだと思います。