東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

HIP HOPとバレエ

家の近くにあるスポーツクラブへ行ってきた。
お年玉ということで駅前でチケットを配っていて、それを手にしたため。それは1500円で施設を体験できるというもの。
せっかくなので、ダンス系のレッスンを受けたいなと思って調べてみたら、たまたま2つのレッスンがあったのでここぞとばかりにハリきってきた。

<HIP HOP>
最初に受けたのがストリートダンスという名前の60分のクラス。内容はヒップホップだった。
インストラクターは若い男性。スタジオは女性が多かったので、彼のファンの人も多いんだろうな~。

音はちょっと汚い感じで、やたらと「ビッチ」という言葉が耳にく曲を使用していた。
HIP HOPのことはよくわからないけど、HIPNOTIC BOOGIEみたいなスタイルなのかな?クランプとかシェイクっぽいことをやっていた。
クランプって見るだけで、実際自分ではやったことなかったんだけど、これけっこう面白いね。
それっぽい曲を使っているということもあって、映画のYou got servedを思い出してしまった。その映画の主人公になった気分だった。

こういうスタイルの踊りって、ポージングがポイントなのかな。
首の傾け方とか、腕の置き場所でだいぶ雰囲気が変わるんだね。

振りは6×8ぐらいだったのでなんとか覚えることもできて、気持ちよく踊れた。

<バレエ>
これが、人生で初めてのバレエのレッスン。この歳になっても初めての事を経験できるのは幸せなこと。
75分のクラスで先生は30代後半(?)ぐらいの女性かな、生徒さんは女性ばかり。男は俺1人だったorz。
生徒さんはみんなタイツとかレオタードとか体にフィットする服を着たり、靴はトウシューズを履いていた。いかにもバレエダンサーという感じ。
上がTシャツ下はジャージというのは、もちろん俺だけだった。完璧に浮いていた。
スニーカーだと踊りにくいと聞いたので、靴を脱いで靴下のままでレッスンを受ける。

なんとなく居づらかったので端っこにいたら、「そこだと先頭になると」と先生に言われ上手な生徒さんの間に入れてもらった。

と、レッスンの開始前はどのタイミングでスタジオを抜け出そうかぐらい思ってたんだけど、実際にレッスンが始まったらこれが楽しかった。

最初はバーレッスン。当然のように用語がバンバン出てきて「じゃあ1番で、プリエ・・・」なんて言われてとまどっていたけど、前の人を見て体を動かすことに集中してたらなんかノってきてしまった。
もちろんバレエの基礎なんて無く、姿勢は悪いし、手の動かしかたとかは見るに耐えないぐらい格好悪いんだけど、クラシックの音楽に合わせて踊ると気持ち良いんだよね。
もうねぇ、気分は熊川哲也なのよ。
一緒にレッスンを受けてる人達も、多分ボクと同じようにプリマドンナの気分なんだろうな。

動きはハウスと比べるとゆったりしているんだけど、ジワジワと汗をかく。
バーレッスンを30分ぐらいやっただけで、額から汗がにじみ出てきた。

足の動きはみようみまねでなんとかなったけど、腕の動かし方は全然わからなかった。
グランプリエやアンオー(?)をやる時に腕を挙げるのはなんとなくわかったんだけど、それ以外の時に腕をどこに置けばいいのか、どんな風に腕を動かせばいいのかは最後までチンプンカンプンだった。
しかも、腕を意識していないとハウスの時のように変なところに置いてしまったり。。。

バレエのレッスンはハウスの動きにも役に立つような気がする。

いや~。ホントに楽しかった。
機会があれば、またバレエのレッスンを受けたい。
本格的なレッスンだと落ち込みそうなので、スポーツクラブのようにゆるく楽しくやるのがいいような気もするけど、本格的なレッスンも受けてみたいところ。
まずは、トウシューズから買ってみるか??