読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

本のこと

今年の3月、リクエストがあったので本のことを書きました。この記事はその続編です。(参照:2006/03/25 読書のことなんかを
4半期に1回ぐらいは振り返ってみますか。
ということで、4~6月の3ヶ月で読んだ本です。
3ヶ月で50冊、だいたい2日で1冊のペースかな。通勤時間のまとまった時間だったり、ちょっとした移動の隙間時間を見つけて読んでます。薄い本だと1日で2冊ぐらい読んでしまうこともあるので、会社に持っていく鞄の中は2冊ぐらいの本が入っていることも多いです。

4~6月を振り返ると、ビジネス書や実用書を読むことが多くなってきてます。仕事柄もあるのでしょうか、Web2.0がキーワードとなるような本を読むことが多いです。
上記以外で小説だと「東京タワー」や「ダヴィンチ・コード」等、話題になっているようなものを読むことが多かったかな。

5段階評価、評価が高いと星が5つです。ハウサーのみなさんは、参考にしてください。って、参考にはならないかも。
作品にあるリンク(本の表紙や文字)はamazonへのアフェリエイトなので、気になった方はクリックして購入してみてください。

星5・・・強烈に面白い。超~お勧め。


  • ウェブ進化論/梅田 望夫

  • ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
    今年1番の衝撃を受けた本です。こんなに興奮して読んだ本は久しぶりでした。Web2.0ウェブサービスの現状、未来の予測等を分かりやすく記述してあります。

  • オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える/木村 元彦

  • オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
    ワールドカップということで、読んだ本です。この本を読み終えて、ジーコの次の日本代表監督はオシムがいいなと思ってたました。そしたら、川渕会長のあの発言(失言?)がありビックリ。熱く読めます。

  • チーム・バチスタの栄光/海堂 尊

  • チーム・バチスタの栄光
    エンターテイメントとしてはピカ1の出来。このミステリーがすごい1位は偽り無しです。

  • 「へんな会社」のつくり方/近藤 淳也

  • 「へんな会社」のつくり方
    日本を代表するWeb2.0を具現化する会社(?)「はてな」の社長・近藤さんが書いた本。彼の情報に対する考え方に大きく共感しました。

  • 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~  / リリー・フランキー

  • 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
    話題になっていた本です。ラストを朝の通勤電車の中で読んでて、鼻水がズルズル出てきました。恥ずかしかった(^^

  • お化粧しないは不良のはじまり/山本 桂子

  • お化粧しないは不良のはじまり
    メイク(化粧)というカルチャーを深く掘り下げた良書です。時代の変化によって、メイクに対する考え方が変わっていったり、雑誌ananやJJの戦いも詳細に分かりやすく記述されています。この本を読んで、CanCamに思いを馳せるのも一興です。

  • その日の前に/重松 清

  • その日のまえに
    癌など、近い将来死んでいくというのが分かっている人とその周囲の人たちを描いた物語。死を扱っていて、反則だよとは思いましたが、これも泣きました。

  • 産まない理由 今まで誰にも言えなかった私たちのホンネ/葉石 かおり

  • 産まない理由 今まで誰にも言えなかった私たちのホンネ
    子供を産むことについて、様々な考え方をインタビューを通して引き出しています。特筆すべきは、産みたくても産めない人のインタビュー章。男は読んでおくべき本だと思います。ちなみに著者はお一人様委員会の代表です。

  • ガール / 奥田 英朗

  • ガール
    30代の働く女性を描いた短編集。明日もがんばろうかなんて思ってしまいます。男のボクが読んでも元気が出ます。

  • 一生賃貸! / エイブル

  • 一生賃貸!
    家を買うのもいいけど、今の世の中借りるという手段もあると解説しています。

    星4・・・とても面白い。


  • 国家の品格/藤原 正彦

  • 友人に借りた本。著書は賛否両論あるようですが、ボクは面白かったです。「人は論理だけでは動かない」や著書のキーワードとなっている「武士道」は忘れがちですから。

  • さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学/山田 真哉

  • Web2.0 BOOK/小川 浩 ,後藤 康成

  • イチローの流儀/小西 慶三

  • 破裂/久坂部 羊

  • IT失敗学の研究―30のプロジェクト破綻例に学ぶ/不条理なコンピュータ研究会

  • こんな上司が部下を追いつめる―産業医のファイルから/荒井 千暁

  • 映画「陽気なギャングが地球を回す」公式ガイドブック

  • 生協の白石さん

  • バカの壁 / 養老 孟司

  • さいえんす / 東野 圭吾

  • アンボス・ムンドス/桐野 夏生

  • あたりまえだけどなかなかできない説明のルール / 鶴野 充茂

  • こころのエンジンに火をつける 魔法の質問 / マツダ ミヒロ

  • ダ・ヴィンチ・コード / ダン・ブラウン

  • となり町戦争 / 三崎亜記


  • 星3・・・面白いんだけど、普通...かな


  • オーデュボンの祈り/伊坂 幸太郎

  • グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する/佐々木 俊尚

  • 空気のよみかた/内藤 誼人

  • 岡野雅行 人のやらないことをやれ!―世界一の技術を誇る下町の金型プレス職人、その経営哲学と生き方指南/岡野 雅行

  • 女はなぜ突然怒り出すのか? /姫野 友美

  • 会社法入門/神田 秀樹(岩波新書)

  • ディズニーが教える お客様を感動させる最高の方法/ディズニー・インスティチュート

  • 憲法とは何か/長谷部 恭男(岩波新書)

  • 無痛/久坂部 羊

  • だから日本人よ、靖国へ行こう/小野田 寛郎

  • 千円札は拾うな。/安田 佳生

  • イチロー頭脳/玉 光雄

  • スタイル・ノート/槇村 さとる

  • くよくよしない人の頭のいい習慣術―人は心配するようにできている / 斎藤 茂太

  • the TEAM / 井上 夢人

  • 小さな会社★NO.1のルール ランチェスター経営1位作りの成功戦略 / 佐藤 元相

  • 「かわいい」論 / 四方田 犬彦


  • 星2・・・どうしようもなく暇だったら読んでもいいんじゃない?


  • 東京ルール/都会生活研究プロジェクト

  • わかる・読ませる小さな文章―わかる・読ませる/村上 玄一

  • お茶のあるくらし/熊倉 功夫, 荒木 安正, 古賀 健藏, 團 和子

  • ITエンジニアのための【論理思考】がわかる本

  • 通勤電車でイライラしない技術 / A・ホームズ, M・リーブス

  • 言いまつがい/糸井 重里


  • 星1・・・自分には合わない


  • きいろいゾウ / 西 加奈子

  • 靖国問題入門