東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

LAST GIGS COMPLETEがものすごく良いぃいぃぃ!!

記事タイトルは、JOJO風に読んでください。

ダンスミュージックの話ではないです。
何を隠そう、BOOWYが好きです。

ヴォーカルの氷室京介、ギターの布袋寅泰が圧倒的な存在感を放っていたバンドです。
どことなく不良っぽい雰囲気(Be Bopハイスクール全盛期でした)、どことなくお洒落な雰囲気(当時はお洒落だと思っていた)がたまらない魅力でした。

そんなBOOWYというバンドを知ったのは、彼らが解散した後でした。
解散後にリリースされた「LAST GIGS」から聴き始めて、「サイコパス」から過去に戻って彼らの音源を聴きあさりました。
全てのアルバムはもちろん、ライブビデオの「CASE OF BOOWY」は何度も観ました。

ってな感じのBOOWY世代だったので、カラオケのことは「GIG(ギグ)」と言いますし、カラオケで歌う時はもちろん「氷室立ち」で、マイクは「氷室持ち」でした。
「IMAGE DOWN」を歌う時は、客席(カラオケで座っている人たち)にマイクを向けて「何だって?」と叫ぶパフォーマンスは友人の間で外せないお約束でした。

(注釈)
GIG・・・ライブのこと。
氷室立ち・・・氷室独特のセクスィーな立ち方。
氷室持ち・・・氷室独特のマイクの持ち方。

BOOWYに対する愛情はこれぐらいにして。
本題です。

「LAST GIGS COMPLETE」がかっこいいんです。ただのLAST GIGSじゃないですよ。COMPLETEが付くってことは、完全版ということですよ!!

20年前、BOOWY解散直後に「LAST GIGS」がリリースされました。
20年経った今、BOOWY解散20年を記念して「LAST GIGS COMPLETE」がリリースされたのです。

リリースされたのは、DVDとCDです。
ボクはCDを聴きました。

「LAST GIGS」には収録されてなかった曲が収録されているし、氷室のMCも収録されています。

曲では、「Bad Feeling」「JUSTYY」「Blue Vacation」が収録されているのが嬉しいです。ボクの好きな曲です。
「Bad Feeling」のギターリフは痺れますねー。なんなんでしょうか、このかっこ良さは。
iPodで聴きながら歩いていて、ボクはエアギターやりまくりです。(←冷静に見ると、気持ち悪いと思います)
聴いていると、布袋がギターを弾いている姿がイメージされるんです。
ギターを思いっきり下で構えて、ガニ股の格好になったりしながら、弦を弾いている布袋の姿です(^^

そして、MC。
メンバー紹介で「クレイジー ギター ホテイ トモヤスー!」が素敵です。
「俺たちは、まだまだ伝説になんかなんねーぞ」という氷室のMCは、鳥肌が立ちます。
(BABY ACTIONが始まる前に収録されています)

そんなこんなで、このアルバムはヘビーローテーションです。

BOOWYファンはマスト盤ですし、BOOWYファンでなくても日本の音楽史に名を刻むこのロックバンドの音源はぜひとも聴いていただきたいです。

以下はDVDとCDの紹介文と、収録曲です。

1988年4/4、4/5、完成直後の東京ドームで行われたBOOWY最後のGIG。2日分のチケット10万枚が僅か10分でソールドアウト、チケット申し込みで電話回線がパンクするなど、コンサート前から異様とも言える盛り上がりを見せた、伝説のライブ "LAST GIGS"。ライブ1ヵ月後に発売されたオリジナル盤は100万枚を超えるセールスを誇るライブアルバムとなり、現在でもROCKを語る上で欠かせない稀有な作品。この貴重なライブの映像作品は2001年にCD同様12曲入りでのリリースでしたが、今回いよいよ、オリジナルには収録されなかった11曲を追加し、全23曲を再現した正にコンプリートな内容でDVD・CD同時発売!! "LAST GIGS"ツアーパンフ縮刷版封入。通常版は、三方背ケース収納/トールケース仕様。

1. B・BLUE
2. ハイウェイに乗る前に(新収録)
3. BABY ACTION(新収録)
4. BAD FEELING(新収録)
5. 1994-LABEL OF COMPLEX-(新収録)
6. DRAMTIC?DRASTIC!
7. MARIONETTE
8. わがままジュリエット
9. LONGER THAN FOREVER
10. CLOUDY HEART
11. WORKING MAN
12. PLASTIC BOMB(新収録)
13. JUSTYY(新収録)
14. IMAGE DOWN
15. BEAT SWEET
16. NO! NEW YORK
17. ONLY YOU
18. DREMIN'
19. ON MY BEAT(新収録)
20. BLUE VACATION(新収録)
21. RENDEZ-VOUS(新収録)
22. ホンキー・トンキー・クレイジー(新収録)
23. NO! NEW YORK(新収録)

以下、関連記事。

確かに、BOOWY解散20周年ということは、氷室のソロ活動も20周年ですよね。

関連:氷室京介、ソロ20周年ベスト発売決定

ということは、布袋はどうなんでしょう?
COMPLEXというユニットを組んでいたことがあるので、ソロ活動が20周年とは単純に言えないのかも。