東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

「ミスト」を観たぜ!

ミスト

借りてきたDVDで一番面白かったのが、この「ミスト」です。

以下は、amazonで紹介されているストーリーの引用です。

7 月19日の夜、メイン州西部の全域が、未曾有の激しい雷雨にみまわれた。嵐に脅える住民たち。だが、その後に襲ってきた“霧”こそが、真の恐怖だったのだ。その霧は街を覆いつくし、人々を閉じ込めてしまう。時を同じく、デイヴィッドとビリーの父子は食料を買出しに行ったスーパー・マーケットで“霧”に閉じ込められてしまう。他の買い物客が建物の外に出ようとすると、次々に霧の中の何者かに襲われていく。立ち往生を強いられる中、母の待つ家に帰ろうとビリー少年に哀願されるデイヴィッド。そしてある決意を固めて絶望的な状況の中、父子での決死の脱出を図る二人の前についに姿を現す“霧”の正体とは? 人間は見たことのない恐怖の前にどのような選択をするのか。そして奇怪な霧に閉じ込められた人々の運命は?

感想などは、続きに。

ラストがそれほどの衝撃だとは思いませんが、このラストは今まで観た映画の中で最も印象に残る1つでした。
多分、とらえ方は人それぞれだと思います。

ボクは「諦めたら、そこで試合終了ですよ」という安西先生(from スラムダンク)の言葉を思い出しました。
何があっても生きるという選択をしていくべきだというポジティブさを感じたのです。

主人公の子供の「怪物に殺させないで」という願いを叶えた父の息子に対する愛情。
主人公だけが怪物に殺されることを選択した、その勇気。
スーパーで耐えていればいずれ助けが来たのだから、堪え忍ぶことの大事さ。
なんかを感じる人もいるんだろうなとは思いますが、ボクは何があっても最後まで生き抜くことが大事だとこのラストを観て感じました。

それ以外にも、見所はたくさんあります。
特に、徐々にカルト化していく店内、群集心理の変化は見応えがあります。
カルト化を先導していた中年女性はものすごく引き込まれる演技でした。

ってなわけで、評価は星5つ。ボクは満点です。