東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

2/7(土)のageha

2/7(土)は新木場のagehaへ行ってきました。

こういうパーティーに行くのは、2008年5月のBody&Soul以来です。半年以上振りです。

とても楽しかったです。EMMAさんとNORIさんのプレイ、金原さんのライブ、ポールダンス、そしてお目当てであったジョセリン・ブラウンのライブ。盛りだくさんで飽きることがありませんでした。

簡単なレポを。

ものものしいageha

agehaに着いたのは0時をちょっと過ぎた頃です。agehaの前はものものしい雰囲気でした。

というのも、パトカーが3台ぐらい止まっていて、制服を着た警察官も数人いるんです。なにか、ただならぬ気配を醸し出してました。

その影響で、エントランスは開いてませんでした。なので、入場を待っている人達が長蛇の列を作ってました。

ボクは車で着ていて、ジャンバーなどは車に置いてきてしまっていました。Tシャツの上に薄いジャージみたいなのを羽織っているだけだったので、寒いこと寒いこと。

寒いしトイレに行きたいこともあり、列を抜け出します。駅へ行ってコーヒーでも飲んでようと思って新木場駅へ行くと、ageha内で落ち合う予定だった友人と遭遇しました。

友人はVIPルームを予約してあるということで、「VIPなら、もしかしたら入れてくれるんじゃない?」というのでagehaに戻ります。

agehaに戻ると、警察はいるものの、エントランスは開いてました。でも、開いたばかりのようで、変わらず長蛇の列。

agehaのスタッフの方に「VIPルームを予約してあるんですけど・・・」と言うと、別な入り口から入れてくれて、キャッシャーの列も大きくショートカット。ほぼ待ち時間ゼロで入場できました。

恐るべし。VIPルーム。

人生初のVIPルーム

ちなみに、これがボクのVIPルーム初体験。そして下の写真がVIPルームのパス。これを腕に巻いていると、VIPルームに入ることができます。

IMG_5355.JPG

VIPルームはいいですね。落ち着けるし、ちょっと贅沢なイスに座って、いつもとは違う世界でした。

VIPルームの店員さんも丁寧で、今日のスケジュールもちゃんと教えてくれて、ライブ開始時間もチェックしやすかったです。

金原さんのライブが始まるまでは、ARENAやテントをうろつきます。

金原さんのライブ

時間になったら、ARENAへ戻ると、音はレゲエにチェンジ。曲はボブ・マレーの「NO WOMAN NO CRY」。

この「NO WOMAN NO CRY」が流れながら、金原さんのライブはスタートしました。

演奏したのは、3曲。全て彼女のカバーした曲だと思います。1曲目はFor your love。ボクもアナログで購入したスティービーのカバー。2曲目は、ボクの知らない曲。3曲目はStrings of Life。

途中にNORIさんへの30周年を祝って、「ハッピーバスデー トゥーユー」をバイオリンで演奏していました。

初めて見る金原さんは、ドレス姿で素敵でした。バイオリンを全面に出すライブはとても新鮮でした。

ちなみに、ボクは最前列のど真ん中でライブを観てました。

EMMAさん、ポールダン

金原さんのライブ終了後はEMMAさんにスイッチ。

バーカウンターに移動すると、女性4人がポールダンスをやっていたので、かぶりつきで観てました。

ポールダンスをちゃんと観たのは初めてだったんですけど、想像以上にすごかった。すごかったと言っても、エロい方面にすごいのではなく、ダンスとしてすごかったです。

だって、ポールに昇って、逆さまでフリーズして、回転しながら降りたりするんですよ。

ポールを足に絡ませて、両手を話してポージングしたりするので、消防署の出初め式みたいな感じでした。でも、出初め式よりは、ポールダンスの方がはるかに難易度は高いと思います。

踊っている女性を見ると、筋肉がすごかったです。これは良いものを観ました。

そして、EMMAさん。

ジョセリンのライブ前の盛り上げはうまかったです。あの曲はなんていう曲なんでしょう?欲しいっす。

その曲の次にプレイされたEverybody be somebodyの知らないバージョンもカッコ良かったです。

ジョセリンブラウンのライブ

そして、ジョセリン登場。

もちろん、ステージのセンター付近を陣取り、最前列近くで観ました。

初めて観たジョセリン・ブラウンに痺れました。そして、生であの声を聴いて、泣きそうになりました。

歌ったのは4曲。Ain't no mountain high enough→Somebody else's guy→It's allright, I feel it→Keep on Jumpin'(アンコール)

It's allright, I feel itを聴けて、大感激です。残念だったのは、短いバージョンだったこと。もっと、長く聴いてたかった。。。でも、いいの。こんなに近くで聴けたから。

彼女はプロデューサーに対するリスペクトが大きいのかもしれないと感じてました。というのも、「Masters At Workの・・・」とか「Todd Terryの・・・」とか、曲紹介で誰が作ったのかっていうのを付け加えていたので。(一般的なことなのかもしれないですけど。)

NORIさんのプレイ

ジョセリンのライブ後はNORIさんのプレイ。

Everybody Everybodyのアカペラ(多分、Black Boxだと思います)→Thank You(BEBE WINANSのやつ)→Whistle Songの流れでした。(ポールダンスが始まったので、Whistle Songは記憶は少し曖昧。)

多分、最初の2曲はタイトルでメッセージを発してたと受け取りました。

「Everybody(みんな)」「Thank You(ありがとう)」というメッセージ。こういう大きな箱でWhistle Songを聴くと、やはり芝浦のGOLDを思い出しちゃいます。

ってなかんじで、大満足の夜でした。