東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

マエストロを観てきました

行ってきました。シブヤ・シネマ・ソサエティー
キイチロさんやrubyredさんもエントリされてます。


入場すると、偶然にもDJ仲間にも会ってしまいました。
やっぱ、趣味が同じ人は集まるんだな~。

マエストロトークショー

上映前にイベントということで、Dr.kのインタビューがありました。
Dr.kって誰なんだよと思っていましたが、実はこの人はコヤマさんでした。

21:30から30分間ぐらいのトークショーがありました。
ラリーは男系のゲイで、フランキーはおばさん系のゲイだとか、ENDMAXでラリーレバンがプレイした時の話だとかを聞くことができました。
パラダイスガレージの貴重なスタッフジャンバも見せてもらいました。
そのスタッフジャンバのインナーは綿がみえるくらいボロボロで、年代を感じました。
スタッフジャンパ

最初は、トークショーってどうかな?って思ってたけど、予想以上に面白かったです。

上映開始は22:00ぐらいから。
内容は、ブエナビスタソシアルクラブみたいな、音楽、特にクラブカルチャーのドキュメンタリー。
ラリーレバンとパラダイスガレージを中心に、マンキューソにロフトといった70年代頃のドキュメンタリーです。
話は淡々と進んでいきます。

中でも印象的なのは、フランキーのラリーに対する愛情。
トークショーでゲイの話を聞いていたので、それとオーバーラップしてしまいました。
ほんと、仲良かったんですね。

あと、途中で出てくるハウサー達。
ダンス、メチャうまいじゃないですか!
今でも十分通用するよ。
あのアクロバティックなスタイル、なんとなくEjoeに似てるような感じだったな。

最後のあたりで動いているラリーを観て、興奮しておりました。

ラリーレバンが亡くなったのって、11/8なんですね。
ちなみに、自分の誕生日は11/9。
「もしかして、俺ってラリーレバンの生まれ変わり!?」なんて思ったり。
でも、冷静に考えると生まれた年が全然違う。。。

ハウス好きな人じゃないとこの映画の面白さがわからないかもしれないけど、ハウスに興味のある人にはお勧め映画です。

マエストロのHP