東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

VDSL方式から光配線方式に変更した


スポンサードリンク

背景

自宅のインターネット回線をドコモ光からビッグローブ光に変更しました。

変更の際、VDSL方式から光配線方式への工事も依頼していました。契約変更は8月に完了していたのですが、光配線方式への工事は申し込みが立て込んでいるという理由で遅れての実施となりました。

ちなみに、VDSLと光配線の違いは以下の記事がわかりやすいです。

VDSL方式と光回線方式の違い!工事や変更方法について NURO 光

工事の内容

工事は同じフロアのIDFから光ケーブルを這わせて、マンションの3FにあるMDFに接続するというものでした。

また、光ケーブルを自宅に引き込んだ後、工事担当者が持参した光対応ルーターに変更しました。その後、回線が局まで通っているか、光電話がつながるか等の確認するというのが作業の流れでした。IDFから自宅への配線に手こずっていたので、作業時間は1時間ぐらいかな。

以下の図で示しているように、黒くなっている部分が今回の変更部分です。

f:id:padobure:20211022202529p:plain

その後は自分の作業でした。プロバイダ情報を光対応ルータに設定しました。問題なく、インターネットへの接続確認も完了できました。LAN側のIPアドレスは192.168.1.1/24と変更がなかったので、端末側での設定変更は必要なかったのが助かりました。

回線速度の変化

速度は以下のように変化しました。時間帯にもよるとは思いますが、確実に早くなっています。

Before

計測した時刻 13:00頃

  • 下り:21Mbps
  • 上り:72Mbps

After

計測した時刻 14:45頃

  • 下り:82Mbps
  • 上り:81Mbps

理論値ではMAXで1Gbpsはでるのですが、現在の我が家の構成だとWifiの速度はこれぐらいで頭打ちだと考えています。

というのも、光回線ルーターと無線LANルーターとの間の通信速度が100Mbpsであるためです。

無線LANルーターの購入時、1Gbpsのポートにしようかとも考えました。ですが、VDSL接続は最高で100Mbpsということもあり、1Gbpsはオーバースペックと考えたのです。そのため、安価な100mbpsのWifiルーターを購入したのです。Amazonの履歴をみると、2018年6月に購入しています。なんだかんだと、3年以上は使っていることになります。

以下は、購入直後の感想。

nomusicnolife.hatenablog.com

今はWifi6というIEEE802.axが主流になりつつあります。Wifi6を実装している機器は1Gbpsのインターフェイスを持っているので、このような機器に買い換えるのも良さそうです。