東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

古畑任三郎ファイナル

cfe484ed.jpg
古畑任三郎ファイナル公式HP
今回放送されたファイナルの3話。どれも面白かった。
ストーリー、出演者ともに、ファイナルにふさわしかったと思う。

役者の演技、レギュラーキャラの活躍、ストーリーの巧妙さ。
どれをとっても納得の出来でだった。

この三夜連続ファイナル編では、さすがに1/5放送の「ラストダンス」の一番完成度が高かったんじゃないかなぁ。。
二役を演じていた松嶋菜々子はまったく違和感を感じさせなかった。技術的にもすごいんじゃないかな。


三谷流のサービスも満開だった。
たとえば。

松嶋菜々子と古畑が最後の対峙でダンスを踊るシーンにかかっていた曲(越路吹雪の「ラストダンスは私と」元歌はザ・ドリフターズの「Save The Last Dance For Me」(志村けん加藤茶じゃないドリフターズね)。
あれは第1シリーズの「さよなら、DJ(桃井かおり)」の回で古畑がテープに吹き込んだ曲。

また、最後の第1シリーズの第1話で放送された小石川ちなみ(中森明菜)の話をして、このファイナルと第1話をつなげるあたりがにくい。

赤い洗面器を持った男の話のオチが最後の最後まで聞けなかったのは悔しいとこと。

関係ないけど、クラブのシーンは竹芝のDASH-Gが撮影場所だった。

それにしても、これで最後というのはとてもさびしい。
最後とは言わず、次回は「古畑任三郎リターンズ」をぜひ!

wikipediaの古畑は充実している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%95%91%E4%BB%BB%E4%B8%89%E9%83%8E



お笑いのことを論じている好きなblogがあるんだけど、そこに書いてあった記事が面白かった。
内容は、ファイナルとは言いながらキャスティングがイマイチではないか、ファイナルはタモさんが良かったのではと提案し、そのトリックまで展開するというもの。かなりの力作だった。
リンクを貼ろうかとおもったのだけど、そのブログはTBとかを受けつけていないようなのでやめておきます。

トリックが古畑によって明かされた後のタモさんと古畑のやりとりを引用。

古「凶器を第三者に隠滅させるという発想はよかったんですがね・・・逆にそれが犯人を絞り込む要因となってしまいましたね。えー・・・・残念です」

タ「・・・古畑さんでしたっけ?・・・実は最初に会った時からひとつ言いたいことがあったんですが、それ最後に言わせてもらってかまいませんか?」

古「・・・どうぞ」

タモリ「・・・あんた、髪切れば?」

古「(笑)」

スタッフロール