東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

BACHELOR JAPANを観たぜ!

Amazonプライムのオリジナルである「BACHELOR JAPAN」を鑑賞しました。 「究極の恋愛リアリティ番組」というふれこみです。

エピソードとそのエピソードをスタジオで振り返るプレビューという構成で、エピソードが12ありました。

司会が今田耕司なので、どうしても「あいのり」を思い出してしまいます。 あいのりを好んで鑑賞していた私は、このBACHELOR JAPANも同様にの前のめりで観ました。

あるキャラクタに感情移入して鑑賞するのが楽しみの1つだと思います。 「ゆきぽよ」というギャルの子が異色のキャラクタで、サバサバしている感じが私は好きでした。 バチェラーにサプライズするということで、髪の毛を黒くするというのも振り切り方がすごいと感じました。

しかし、エピソード7ぐらいからは、食傷気味になって早送りしながらの鑑賞でした。 というのも、重ねていくデートが現実のものとは思えなくて。 沖縄行ったり、北海道行ったり、タイに行ったり、仕事を持っている社会人はそんなデートばかりしてられないよと思ってきてしまって。

ただ、バチェラーの久保さんはイケメンだったと思います。 あらゆる対応が大人に感じたし、この人がバチェラーなのは納得感ありました。 とはいうものの、東大卒で企業家でなんて、嫉妬以外の何物でもないですが。

という自分の捻くれ根性も含めて楽しめた番組でした。 シーズン2があるなら、また観たいっす。

参考

バチェラー・ジャパン The Bachelor Japan