東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

録画サーバトラブル事例 録画できなくてtsファイルが作成されない

事象

Chinachuで録画は始まっているものの、録画ファイルが作成されていないという事象です。

以下のChinachuの画面では録画が始まっているのですが、録画ファイルが作成されていません。録画ファイルがあると、画面のキャプチャが表示されるのですが、録画ファイルが作成されていないので、何も表示されません。

f:id:padobure:20181110175303j:plain

録画サーバにログインして確認してみます。

以下のコマンドでNHKの番組を10秒だけ録画してみようとすると、、、。

# recpt1 --b25 --strip 27 10 ~/test.ts
using B25...
enable B25 strip

止まってしまいます。Ctrl+Cでキャンセルしようにもキャンセルできません。

対処は再起動

この対処はサーバの再起動です。とても原始的なのですが。。。

一度電源を落とし、電源ケーブルを抜いて、電源ケーブルを挿しなおし、ブートしました。

そうすると、以下のようにChinachuからキャプチャした画面が表示されます。

f:id:padobure:20181110175312j:plain

WiFi親機の設置場所を高い場所に変更したら、WIFiが安定した

WiFiの親機を買い替えました。

しかし、買い換えても速度が上がったように感じませんでしたし、安定性もイマイチな印象でした。

設置場所によって速度が変わる

そんななか、以下の記事を見ました。記事では設置する高さによって速度が変わるということが書いてありました。

the360.life - Wi-Fiの“遅い”はこれで解決! 最大30倍速くなるワザ、大公開

設置場所のBeforeとAfter

これまでは電話台の下部に設置していました。床に置いているのと同じ程度の高さです。

これを約2メートルある食器棚の上に変更しました。

設置場所を変更したら、速度アップ

設置場所を変更したら速度が上がりました。1Mbpsぐらいの変化です。

それよりもWIFIが安定したのが大きいです。これまで通信が切れるということが多かったのですが、それが少なくなりました。

設置場所の変更はとても効果がありました。

エアロプレスで淹れるコーヒーを飲みたくてFuglen Tokyoに行ってきた

f:id:padobure:20181103192145j:plain
Fuglen Tokyo

エアロプレスで淹れたコーヒーを飲みたくて、代々木上原にあるFuglen Tokyoに行ってきました。

エアロプレスのコーヒーを飲んだのは三田のPassage Coffeeが初めてで、そのコーヒーがとても美味しかったので他のお店でも飲みたいと思いまして。

nomusicnolife.hatenablog.com

最寄り駅は代々木上原ですが、原宿から代々木公園を歩きながらお店に向かいました。

店内はとても混雑していました。オーダーするにも長蛇の列でした。

コロンビアとケニヤを注文して、店内で楽しみました。美味しかったのですが、個人的には三田のPassage Coffeeの方がフルーティーさが上回っていたように感じました。

残念だったのは、エアロプレスを淹れている作業を見れなかったことと、アイスコーヒーが無かったこと。アイスコーヒー飲みたかったなー。

レコード167枚デジタル化したいま伝えたい、デジタル化作業の考え方とノウハウ

所有しているレコードを処分しようと、地道にデジタル化しています。

167枚のレコードをデジタル化し、作業にあたっての考え方やコツというかノウハウを会得したので、以下に書きます。今の時点の考えとかノウハウなので、変わったらまた書きます。

音質に拘り過ぎない

音質に拘り過ぎないのが大事だと感じています。

音質を追及すればできるとは思います。例えば、針を良いものに交換する、レコード盤をしっかりクリーニングする、PHONOアンプを良いものに変更する等をやり始めると予算が必要になってきます。

また、「もう少し良い音で録音しよう」なんて考えていると、デジタル化なんてできません。なので、音質はある程度のところで割り切ることが大事だと考えています。

ただ、その代わり録音フォーマットは可能な限り最も良い設定にしてます。96khz、24bitでの録音フォーマットとしています。

全ての曲はデジタル化しない

レコードはA面、B面あって、複数の曲が収録されています。

しかし、全ての曲はデジタル化しません。特に12インチはすべてのバージョンが自分の趣味に合致するわけではないので、趣味に合致した曲だけをデジタル化しています。

ある程度割り切ってデジタル化しないと、キリがないですし、これまで聴いてない曲はこれからも聴かないと思いますので。

録音レベルを適正にする

録音レベルは適正にすることが重要だと思います。今のところ、これが最も重要なことだと考えています。

録音レベルが高すぎると音が割れます。また、低すぎると迫力のある音になりません。

なので、この録音レベルの調整は気を使ってやっています。

付属のスマートレコーダーというソフトは自動で録音レベルを調整してくれるので、最も録音レベルの高そうな場所を探してソフトウエアで録音レベルを調整するようにしています。

針飛びしていないかはチェックする

針飛びしていないかはチェックするようにしています。

知らないうちに埃がレコード盤にのっていて、それをひっかけて針が飛ぶというのがありました。こういうのをチェックアウトするのに、通勤電車の中でデジタル化した音源を確認するようにしています。

編集はしない

再生ボタンを押して、曲をすぐに鳴らすようにしたいというような欲求で針を落としてから音が鳴るまでの時間をカットしたりしたくなります。

また、レコード特有のプチプチのノイズを除去したくなります。

ですが、これをやっているといつまでたっても先に進まないので、このような編集はデジタル化してから実施しようと考え、録ったままのデータにしています。

f:id:padobure:20181109092921j:plain:w300

録画サーバトラブル事例 slackへの録画開始、録画終了通知が止まらない

事象

録画サーバで録画の開始と終了でslackに通知を飛ばすようにしています。

いきなり、以下のように録画開始と録画終了の通知が連続で出力されました。

f:id:padobure:20181104063734j:plain

外出していてiPhoneの通知が鳴りやまないので、暫定としてiPhoneからslackをアンインストールしました。

帰宅してChinachuのログをみると、slackへの通知と同様に録画したというのが複数回出力されています。

f:id:padobure:20181104063739j:plain

で、本当に録画ファイルができているか確認すると、ゼロバイトのファイルが1つあるだけでした。

原因

原因はカードリーダーからB-Casカードが抜けていることでした。

見た目として、カードはしっかり挿入されているのですが、微妙に抜けているようでした。

カードを挿しなおすと、正常に録画できるようになりました。

ファンの回転数を下げるときに、パソコンケースの背面を触ったので、その際にカードが抜けたのでしょう。

slackの通知が止まらないときは焦りました。

ラジフェス2018で『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』の公開収録を楽しんだ

ラジフェス2018で『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』の公開収録を楽しんできました。

f:id:padobure:20181103190222j:plain:w350

早起きして、赤坂には9:30に到着し、『ナイツのちゃきちゃき大放送』から楽しんでました。

f:id:padobure:20181103190443j:plain:w300
朝9:30のTBSビッグハット

会場は出店が多くありました。『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』が始まるまでは、日本酒の試飲したり、観音温泉の足湯に入ったりしていました。

『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』は10:45からスタート。宇内梨沙(TBSアナウンサー)が司会進行で宇多丸師匠、橘慶太スピードワゴン小沢一敬を呼び込むようにしてのスタートでした。

公開収録の内容は、前半がPlayStation Classicの紹介と収録タイトルの思い出などを語ってました。PlayStation Classicはとても小さくて、収録ゲームも良いし、欲しくなりました。

PlayStation Classic | プレイステーション

公開収録の公判はPS4で発売されているスパイダーマンでスコアを競い合う内容です。青空の下、大画面でのwebスイングが気持ちよかったです。

スコア対決の勝者は意外な人でした。小沢さんの「ライオンやトラは狩りをするために練習をしますか?」という台詞に痺れました。

公開収録、ほんとうに楽しかった。

構成作家古川耕さんがカンペ出してたり、橋本Pが一眼レフでステージを撮影していたりと、関連する方々を見ることができたのも感激でした。

録画サーバのケースファンの回転数を落としたら、HDDの温度が4度上昇した

夏は猛暑だったので、ケースファンを思いきっきり回していました。

nomusicnolife.hatenablog.com

11月に入り、涼しくなりました。涼しいというか、寒いくらいです。若干、ファンの音がうるさかったので、ケースファンの回転数を落としました。

回転数を落としたら、HDDの温度が約4度上昇しました。

f:id:padobure:20181103211348p:plain

排気のファンなのですが、温度を下げるのに役立っていたんだなーと感じました。