東京生まれHOUSE MUSIC育ち

悪そうな奴はだいたい友達なの?

Evernoteのプレミアムを契約した

Evernoteのプレミアムが40% OFFと新年キャンペーンの案内が来ました。 どれだけ便利になるのか、試してみたかったので契約しました。

料金(年額)

通常だと年額5200円です。 今回は40% OFFだったので、年額3120円でした。

プレミアムになってEvernoteに格納したもの

以下を格納しました。

  • PDFにした過去の年賀状
  • 録音したラジオ番組

参照することは無いと思うのですが、破棄するのは気がひけるようなものをアップロードしました。

アップロードして手もとからファイルが無くなるが嬉しくて、調子にのっていたら月間アップロード制限の10Gのところ、あと50Mしかアップロードできない状態になってしまいました。

これから格納するもの

30日が経過すると、月間アップロード制限がリセットされます。そうなったら、さらに以下を格納しようと考えています。

  • 書籍(pdf化したもの)
  • 録音したラジオ番組(残り)

感想

本来の使い方では無くて、ファイル置き場的な用途としています。 とても、快適です。手もとにあるファイルが無くなるのが気持ち良いです。

f:id:padobure:20180107133031j:plain:w250

radikoをubuntuで録音するのに、NHK FMのstation idが不明で困ったのでメモしておく

2018年1月8日に放送されるNHK-FMの「今日は一日“RAP”三昧」を録音予約をするのを忘れていました。

www4.nhk.or.jp

出先でパソコンも持ってないので、急きょ漫画喫茶に立ち寄ってsshでログインしました。「ラジオ番組のためにいい年した大人がどうなんだろう?」と思いましたが、タマフルでもラップの歴史を学べると師匠が煽っていたので、ちゃんと聴かないと思いまして。

ですが、NHK-FMのstation idがわからなくて約30分ぐらい調べていました。

「地域別番組表XML取得」→「放送局別番組表XML取得」の流れです。

地域別番組表XML取得

地域のIDから以下のように番組表を取得します。そこで、局のstation_idが判明します。

http://radiko.jp/v2/station/list/JP12.xml

地域IDは以下です。

ISO 3166-2:JP - Wikipedia

NHK-FMJOAK-FM

station_idはJOAK-FMです。

http://radiko.jp/v2/api/program/station/weekly?station_id=JOAK-FM

番組は熱い!!!

番組はウタマル師匠が熱くて、ついつい聞き入ってしまいます。

しかも、高橋芳朗, DJ YANATAKE, 渡辺志保が出演なので、NHK感は全くなく、TBSラジオ感が満載です。

参考

radikomemo - foltia - Trac

関連

ラジオのカテゴリ

nomusicnolife.hatenablog.com

f:id:padobure:20180108133018j:plain:w250

Evernoteのノート数を断捨離した

きっかけはプレミアムの40% OFF案内

エバーノートのプレミアム会員の案内が来ていました。年額だと40% OFFだったので、どれぐらい便利になるか試してみようと考えました。

いらないノートが多くて、ノートブックなども整理されてないので、不要なノートを削除しようと思いました。

今のEvernoteの使い方

どんな風に使っているかというと、主に以下として使用しています。

  • 忘れそうなことの記録
    • 服のサイズ(特にズボンの胴回りとか、脚の長さとか) ** 保険等、契約書のPDF
  • 研修資料
  • マニュアル
  • 名刺
  • ニュースのリッピング

結果

断捨離の前後は以下です。とてもスッキリしました。

断捨離前

ノート数:8141

断捨離後

ノート数:4692

削除対象とするノートの考え方

以下の観点でノートを削除しました。

写真をクリップしたノート

数が多かったのがこれです。

海外のフォトグラファーの写真で良いなと思ったのをノートにクリップしていました。ですが、カメラをやめたので、参照しなくなりました。

ツイッターの記録

1日分のツイート履歴を削除しました。

過去にツイエバを使用して1日分のツイートをメールでEvernoteに連携していました。メールでノートを作成する機能がEvernoteの無料プランでは廃止されたことから、記録されていませんでした。

過去のツイートを見返すかというと、そんなこともないので削除してしまいました。

Evernoteのノート断捨離にかかった時間

3時間ぐらいかかりました。

過去の記録を読み返してしまったりして、予想していた以上に時間がかかってしまいました。

プレミアムを契約しようかな

ある程度断捨離できたので、プレミアムを契約しようと思います。

甘酒作りが難しい。2回目の出来は60点。

甘酒を飲みたくて、自分で作ってみました。

試行錯誤の状態を記録で残しておきます。

作り方の概要

いろいろなサイトを参照して、以下のような作り方で試しています。

ポイントは米麹を入れて待つ間に60度前後に保つ必要があるということです。

  1. おかゆを作る
  2. 米麹を入れて、6時間~10時間待つ
  3. 出来上がる

1回目は捨ててしまいました

1回目作ったときは0点でした。

おかゆを作った後に、温度を60度にキープしようとしました。そのやり方は、湯たんぽを使用し、布団でぐるぐる巻きにして温度を下げないというものでした。

22時ぐらいに就寝するので、その前に準備して、朝6時ぐらいに起床しての確認です。なので、8時間ぐらいそのままにしていました。

出来上がった甘酒はというと、ほんのり甘いものの、乾燥の米麹が残った状態です。これだと美味しくないと思ったので、さらに湯たんぽを60度にしてさらに8時間ぐらい放置しました。

そしたら、酸っぱかったのです。匂いも腐ったような匂いでした。息子も「これ、やばい匂いだよ。味も酸っぱいよ。」と否定的。確かにその通りだったので、飲まずに全部捨ててしまいました。

酸っぱさの原因

どこのサイトか今となっては出てこないのですが、酸っぱいのは以下が原因とありました。

  • かき混ぜていないこと
  • 温度が保たれていないこと

確かに、かき混ぜていませんでした。レシピの書いてあるページを参照すると、「何もしないで待つだけ」みたいな書き方をしてあったのです。

また、温度も保たれていなかったと思いました。というのも、温度計を所有していなかったので、温度計測は感覚で実施していました。

反省点をふまえて、温度計を購入

1回目の反省を踏まえて、2回目を作ってみました。

今回はAmazonで温度計を購入しておきました。購入したのは以下の安価な温度計です。

タニタ スティック温度計 グリーン TT-533-GR

タニタ スティック温度計 グリーン TT-533-GR

炊飯器を使用して2回目の挑戦

作り方の手順としては、おかゆを作るところまでは同じです。

今回は炊飯器の保温機能を使いました。何もせずに保温機能を使用すると、70度を超えてしまいます。そのため、炊飯器のふたを開けたままにしました。ふたを開けておくことで、ある程度の温度が下がると期待できたためです。

ふたを開けたままにしておくと、雑菌が入りそうだったので布巾を上にかぶせました。

また、1時間に1回程度の頻度でかき混ぜました。

それにしても、温度計を購入しておいて良かったです。感覚ではなく、ちゃんと数字で温度を参照することができますので、温度を上げるのか、下げるのか、温度をキープするのか、どのように対処すればいいのかわかりやすので。

出来たのはこれです。

f:id:padobure:20171231164420j:plain
2回目に作った甘酒

米麹の固まりはなくなっており、味はほんのり甘いです。

ただ、60点というのが私の採点です。

2回目の反省点

100点に到達しなかった理由は以下。

  • 甘さが足りない 甘さが足りないのです。ほんのりな甘さなんです。もう少し甘さが欲しいので、少し物足りないです。
  • お米の形が残っている お米の形が残っており、おかゆを食べている感覚なんですよ。もう少し、米粒感が無くなればいいのですけど。 ミキサーを使うというのもあるようなのですが、ミキサーが無いのでこの米粒感はしかたないのかも。

次回へのフィードバック

もち米の使用

もち米だと、さらに甘いというのがネットにありました。甘さを増やすためにも、一度もち米を使用してみようと思います。

米麹の増量

1合のおかゆに対して、米麹100gとしていました。米麹の量が多いと甘くなるというのもありますので、米麹の量を増やすのも検討します。

苦労は見合うか

温度を確認したり、かきまぜたりするのが面倒です。これが成果に見合っているかが疑問です。いわゆる、コスパがいいかどうかです。とはいうものの、まずは美味しい甘酒が出来上がることを目標にしたいです。

妻の苦言

妻からは炊飯器を使用すると、ごはんが炊けないから困ると苦言はもらいました。。。

Splatoon2のガチマッチ100本ノックで正月を過ごした

正月は体調を崩してしまいました。咳と鼻水がとまらないのです。そんな状態だったので、家にいる時間が多くなり、ゲーム三昧でした。

ということで、Splatoon2の腕前をあげるべく、ガチマッチ100本ノックを行いました。

現状

現状を記録しておくと、イカです。

世間的にはお世辞にも上手とは言えないレベルです。連勝が続くと、A帯まではいくのですが、その後は連敗してBに落ちて、さらにCに落ちるという状況です。

愛用している武器は、イカです。

  • スプラシューターコラボ
  • スプラシューター

射程が自分に合っているのと、サブウエポンが楽しくて上記の武器を使用しています。

100本ノックの結果

ikawidgt2の結果から。

3日間で127試合を行い、勝利が68、負け75となり、負け越しました。

良かったこと

100本ノックの前はデス数が平均で約8でした。死なないような立ち回りを心がけて平均で6ぐらいまで落とすことができました。

悪かったこと

数字には表現されていませんが、突っ込みすぎるのです。負けそうになると、人数が不利な状況でも突っ込んでいく状況が多いのです。というより、負けそうになると味方と敵の人数状況を見ずに突っ込んで、キルされた後に人数が足りてないと気づくのです。このあたりを改善したいです。

目指すはS+

目指すは腕前はS+です。ただ、それは最終的な目標で、その前にA帯への定着を目指します。

加齢により反射神経はにぶると思いますが、腕前を上げていきたいです。

フリースタイルダンジョンMonstersWar 2017は十分に楽しめた!

AbemaTVで放送していた、フリースタイル特番が面白かったです。

f:id:padobure:20171231101544j:plain:w250

フリースタイルダンジョンMonstersWar 2017~お前ら時代に忖度してる場合じゃねぇぞ!全員ブッ潰してやる事前SP~』

鑑賞スタイル

この番組を楽しみにしていた息子は残念ながら風邪により熱があがってしまい、一緒の布団でiPadを枕元に置きながらの鑑賞でした。(息子はAブロックの途中で寝てしまいました)

私は冷たい枕を変えたり、冷えピタを貼り変えたりしてました。

ドラフトで決まったチーム

どのチームも強そう。初見は呂不カルマ、R指定、晋平太のチームが優勝候補だと思いました。

f:id:padobure:20171231101619j:plain:w250

結果

優勝は呂不カルマチームと予想していました。このチームは決勝まで行きましたが、輪入道チームが優勝。輪入道はMVPもゲットしたので、合計400万円の獲得。夢があります。

印象に残ったシーン

この記事を書いているのは2017年12月31日と放送した翌日で、既にYoutubeに公式から何試合か公開されています。思い出しながらのシーンはというと。

決勝の第一試合

決勝の第一試合。DOTAMAとR指定の対決にもなるこの試合。そして、試合のビートは「蜂と蝶」。因縁を感じさせる言葉の応酬があり、とても楽しめました。

サイファーのFORKとサイプレス上野の掛け合い

FORKとサイプレス上野の掛け合いが面白かったです。「姓は上野、名はサイプレス」から、「それを安っぽく使うな」とFORKの応酬があって、そこから大喜利に突入するのが良かったです。

サイファーで字幕があった

サイファーで字幕があったのに驚きました。過去に放送されたサイファーも字幕ありましたっけ?

確かに、字幕が無いとフリースタイルを聴くための「耳」がある程度無いと聞き取れないと思います。だけど、4時間近く観てきてたら、ある程聴き取れるんじゃないかと思うのです。だから、字幕は不要だったのではないかと、私は思いました。

4時間は長く感じた

エンタテイメントとしては面白い番組で、期待通りに面白かったです。

ですが、4時間はちょっと長いかなと感じました。

インタビューなどはもう少し減らして、スピーディーに試合の展開をみせるというのがいいのではないかと思ったのです。録画できる番組なら自分で観たいところだけを選択できるので、普段は気にしません。けど、Abemaは録画できないので(有料会員なら自由に見返したり、早送りできるかもですが)4時間は長いと感じました。

群馬県太田市の利根の湯は地元ピーポーが憩う場所だった

尾島温泉「利根の湯」に行ってきました。

群馬県太田市にあり、太田市が運営している浴場です。

料金

サウナ込みで、市内に住んでいる大人は300円というとてもリーズナブルなお値段です。市外の私でも500円でした。

サウナ

サウナは90度でした。水風呂は温度計が無いので正確な温度は不明ですが、体感で16度ぐらいでしょうか。

サウナの広さはというと。隣の人とのスペース的な余裕が無くて、12人が入れば満員なぐらいの広さです。実際、私が入っている時は12人以上入っていて、13人目の方は座れずにスタンディングでした。

狭いので、扉の開け閉めで冷たい空気が入り、室内温度が冷える感じがありました。

サウナ室内はテレビも無くて、音楽もかかっていません。顔見知りが多いようで、井戸端会議に華が咲いてました。裸の社交場という感じでした。

露天風呂もあるので、外気浴も楽しめる

内風呂、サウナ、水風呂だけでなく、露天風呂もあります。

なので、しっかり外気浴も楽しむことができます。露天風呂の近くにはベンチが2つぐらいあるので、座ってゆっくりするこもとできて、サウナ好きにはもってこいだと思います。

まとめ

完全なるアウエー状態だった私は、3セットでOUTしてしまいました。

とにもかくにも、特筆すべきはその料金でしょう。市内在住で300円というのは、とても安いと思います。市外在住でも500円なので、都内と比較しても入りやすい値段だと思います。